山頂へ向けての登山

登山ルートを決める事について

登山を楽しむためには安全な状態を維持することが重要です。
山は時にして牙をむき、人を襲うとも言われており、知識や経験が必要となります。
そのため、初めての登山を楽しむ場合は経験や知識を持つ人と一緒に出掛けることがお勧めです。

山登りをする時は、ガイドブックを購入し、目的の場所を目指すための計画を立てる事が大切です。
山の頂上を目指すのが登山の目的とした場合、どこから入山し、どのようなルートで頂を目指し、どこから下山をするのかをガイドブックを利用したり、地図を利用してルートを決める事が大切です。

場所によっては複数のルートが在るため、自分の体力を加味してルートを選ぶことが出来ますが、ルートが1つしかない場合、地図に記載されているコースタイムを確認して無理の無い計画を立てることが必要です。

山小屋に宿泊する場合は、遅くても午後2時から3時頃までには山小屋に到着することが望ましいとされます。
そのため、コースタイムを計算して、山小屋に何時に到着をするのかをチェックし、午後3時を超える場合には計画を変更し、余裕を持った計画を立てるようにします。

尚、コースタイムはあくまでも目安となるため、コースタイムよりも時間がかかる事もあれば、逆に時間が短くなる事も在りますが、登山ルートを決める時などには役立つ存在になってくれます。

登山の楽しみ方と高山植物

登山には夏山や冬山と言った季節に応じた楽しみ方が在りますが、一般的に初心者が出かける場合は夏山登山が主流と言えます。

しかし、夏山と言っても簡単に考えてはいけません。
きちんとした装備と計画を立てて入山をすることが重要であり、これを怠れば遭難の危険も出てくることになります。

楽しむためには事前準備が必要であり、初めて夏山登山に出かける場合には山に対する経験や知識を持つ人と一緒に行くのがお勧めです。

夏山は標高2,000メートルを超えたあたりから徐々に高山植物が道沿いなどで見かけることが出来ます。
因みに、北海道の山の場合は気圧の関係から、標高1,000・1,500メートルから高山植物を目にすることが出来ます。

高山植物は岩の割れ目から咲いている花も在れば、あたり一面に群生を作っている花も在るなど、見るだけで癒されますが、高山植物は採取が禁止されているため、花を採りたいと思ってもそのままにしておきましょう。

しかし、同じ採るでも写真で撮る分には構いませんし、最近はデジタルカメラを利用する人が多くなっているため、手軽に写真撮影を行う事が出来るので便利です。
また、高山植物を撮影する時は、マクロ機能が付いているカメラがお勧めです。

注目サイト

茅ヶ崎 賃貸マンション
http://shinwa-kaihatsu.com/
大阪 ネイルスクール
http://www.anillo.jp/
kaitotte[カイトッテ]|リユース(買取)に関する情報サイト
http://kaitotte.jp/
美容室 溝の口
http://numberthree.jp/
結婚式のウェルカムボード
https://art-shinshu.com/
adhdアスペルガー障害
http://kidshug.jp/d_grow/d02/dc03/
広島で離婚の相談
http://licht-rikon.com/
エシカルファッション情報
http://www.peopletree.co.jp/

Last update:2016/6/22